Marketing and Innovation

E:S SOUND FANATICS MEETING 2018

開催概要

イース・コーポレーション主催による音質ファンのための本格サウンドミーティング『E:Sサウンドファナティクス・ミーティング 2018』を、下記日程で開催いたします。

開催日時:2018年7月1日(日) 10:00~16:00(予定)

開催場所:道の駅うつのみや ろまんちっく村 第3駐車場

住所:栃木県宇都宮市新里町丙254番地

カーサウンドコンテスト <<申し込みはこちら

★主催者がサウンドコンテスト各クラスのサウンド審査を行います。各クラスの優秀車両を表彰。
*最大5エントリーまで可能
*インストレーション審査はありません

メインエントリー料:6,000円/ダブル:+3,000円/トリプル:+3,000円

※エントリーは、1クラス追加毎に+3,000円
先ずは「E:Sブランドクラス」、「クラリオンFDSクラス」、「オープンクラス」のメインエントリーのうち、いずれかにエントリー!さらに「E:Sブランドクラス」や「クラリオンFDSクラス」ならお好みでダブル、トリプルエントリー(最大で5エントリー)なども可能です。

 

1. E:Sブランドクラス

エントリー資格:「ROCKFORD FOSGATE」「GROUND ZERO」「JL AUDIO」「RS AUDIO」「ZR SPEAKER LAB」「MICRO PRECISION」「AUDIO WAVE」「FLUX」「MTX AUDIO」「CDT AUDIO」「RAINBOW」「MMATS PRO AUDIO」「IMAGE DYNAMICS」「VIBE AUDIO」「μ-DIMENSION」「HARMOTECH」「LIGHTNING AUDIO」など、イース・コーポレーション取り扱いブランド製品のうち、フロントスピーカーまたはフロントスピーカーをドライブするパワーアンプのいずれかがシステムに装着されていることが条件となります。サブウーファーやプロセッサーなどのユニットに制限はありません。

E:Sブランドクラスは、フロントスピーカーの価格帯によるクラス分けをいたします。

U15 : 15万円未満
U30 : 15万円以上30万円未満
OVER30 : 30万円以上

*フロントスピーカーのセット価格は、2018年4月現在の標準小売価格(税別)になります
*フロントスピーカーがイース・コーポレーション取り扱いブランド製品であれば、E:Sアメリカンブランドクラス、E:Sヨーロピアン&アジアンブランドクラスへのダブルエントリーも可能です
*さらにE:Sセレクトブランドクラス、軽カークラス、ユーザーチューニングクラスへの重複エントリーも可能です

2. クラリオンFDSクラス

エントリー資格:CLARION FDS(Full Digital Sound)「Z3」と「Z7」がシステムに装着されていることが条件となります。サブウーファーの有無は問いません。
*E:Sヨーロピアン&アジアンブランドクラス、軽カークラス、ユーザーチューニングクラスへの重複エントリーも可能です

3. オープンクラス

フロントスピーカーまたはフロントスピーカーをドライブするパワーアンプのうち、いずれにもイース・コーポレーション取り扱いブランド製品が装着されていない車両。
*他のクラスにはエントリーできません

 

▼ダブル&トリプルエントリー各クラス▼

A. E:S ワールドカップクラス

「E:Sアメリカンブランドクラス」「E:Sヨーロピアン&アジアンブランドクラス」の2クラス
エントリー資格:メイン(E:Sブランドクラス)にエントリーしており、且つアメリカブランドまたはヨーロッパ(アジア含む)ブランドのフロントスピーカーがシステムに装着されていることが条件となります。その他のユニットに制限はありません。

B. E:S セレクトブランドクラス

ROCKFORD FOSGATE」「JL AUDIO」「GROUND ZERO」「RS AUDIO」「ZR SPEAKER LAB」の5クラス
上記5ブランド製品のうち、フロントスピーカーまたはフロントスピーカーをドライブするパワーアンプのいずれかがシステムに装着されていることが条件となります。その他のユニットに制限はありません。

C. E:S SUPER HIGH-ENDクラス

エントリー資格:「AUDIO WAVE」パワーアンプ、「ZR SPEAKER LAB」スピーカー、「MICRO PRECISION」スピーカー・サブウーファー、「RS AUDIO」Masterシリーズパワーアンプ・スピーカー・サブウーファー、「GROUND ZERO」Referenceシリーズスピーカー・サブウーファー・パワーアンプ(*GZPA Reference 2XS/4XSを除く)のいずれか1点以上がシステムに装着されていることが条件となります。その他のユニットに制限はありません。
*RS Streamシリーズ、RS Revelationシリーズ装着車は「RS AUDIO」クラスにエントリーください
*GZ Referenceシリーズ装着車は「GROUND ZERO」クラスにもエントリー可能です

D. K-CARクラス

エントリー資格:メイン(E:Sブランドクラス)にエントリーしていて、K-CAR(軽自動車)であることが条件となります。

E. ユーザーチューニングクラス

エントリー資格:ユーザー自身でサウンドチューニング(音調整)していることが条件となります。
*プロが調整したクルマはエントリーできません

※各クラスともに、エントリー総数によってはフロントスピーカーの価格等でクラス分けを変更する場合もあります

 

▼SFM2018メインエントリー課題曲▼

エントリークラス:「E:Sブランドクラス」「クラリオンFDSクラス」「オープンクラス」「E:Sセレクトブランドクラス」「K-CARクラス」「ユーザーチューニングクラス」

●JUJU 「I」から
Track 5:あの夜のふたり

大人っぽさ溢れるR&Bチューンで、イントロからステージ中央に強めのベース音とクラップ音、ドラムが入り、楽曲を通して演奏されているので、ベース音が混濁しないよう注意してください。左右に振られた効果音や56秒付近から入ってくるコーラスでステージの幅やイメージングも確認できます。ボーカルは少し自分に近づくような位置に定位するようにし、JUJUの憂いを帯びた歌声がきちんと再現できているがポイントです。

 


●ONE OK ROCK
Track1: Change
イントロか始まる激しいギター音と左右に振られたクラップ音、そして何といっても楽曲を通して演奏される力強いバスドラムの音が魅力です。軽快なリズムとエネルギッシュなボーカル、サビの「Hey, You know it’s not too late for us to make a change」では、ボーカルとコーラスの歌声が左右いっぱいに響き渡り、不屈のチャレンジングスピリットと壮大な高揚感を感じさせる楽曲です。音の広がりやスケール感、躍動感やスピード感を表現できるかがポイントです。

 

▼アメリカンブランドクラス課題曲▼

エントリークラス:「E:Sアメリカンブランドクラス」

●マルーン5 「SONGS ABOUT JANE」から
Track4 : She Will Be Loved

甘いイメージのメロディとボサノヴァ調のサウンドが取り入れられたソフトロックで、大人の恋を題材にした楽曲です。軽快なリズムを刻むドラムとやさしい音調で演奏される左右のギター、ボーカルの甘い歌声が魅力的です。哀愁漂うボーカルの歌声は肉厚を保ったまま自然に目の前で歌っているように定位するよう心がけてください。楽曲を通して演奏されるドラムはボーカル後方に位置しており、太鼓やシンバルの音が混濁せず個々に再現できるかがポイントです。

 

▼ヨーロピアン&アジアンブランドクラス課題曲▼

エントリークラス:「E:Sヨーロピアン&アジアンブランドクラス」

●ケリー・スウィート 「We Are One」から
Track11 : Love Song

透明感のあるケリーの歌声にやさしく寄り添うように演奏されるピアノとボーカルだけのイントロから、徐々にクラシックギターやマラカス、ドラムや太鼓、ベースなどが絡み合っていき、曲調は盛り上がりを見せていきます。注目すべきはボーカルの定位と口の大きさで、強くエフェクトされることなく自然に目の前で歌っているように定位させるとともに、透明感溢れる柔らかなケリーの歌声も表現できなければなりません。

 

▼E:S SUPER HIGH-ENDクラス課題曲▼


●シーネ・エイ 「DREAMS」から
Track6 : DREAMS

この曲の魅力は何といってもドラムの音でしょう。サウドステージいっぱいに広がるハイハットやシンバルの音は柔らかく余韻も良好で、スネアやバスドラの音も相まって非常にリッチなサウンドです。楽器編成は、ドラム、ピアノ、ウッドベース、そして、スキャットで歌うボーカルが加わり、全体的に艶っぽい雰囲気を表現できるかがポイントになります。

*課題曲がいつでも再生できるよう、各自プレイリストなどをご用意ください
*審査メディアに制限はなく、ハイレゾ音源での審査も可能です

 

ショップブース出展 <<申し込みはこちら

▼テント設置及びデモカー展示スペースをご用意いたします

ブース出展料:5,000円

出展資格:イース・コーポレーションと直接口座を開いているショップ様
*3m×6m の小間渡し(ただし、天候による規模縮小や土間条件は保証されません)
*車両展示スペース/2m×5mサイズで車両1台分の展示スペース

※本イベントではドアやトランクを開けて音出しをすることはできません

ACGマガジン2018-2019
SFM UTSUNOMIYA