Marketing and Innovation
JL Audio

“車内を“理想的なリスニングルーム”に仕立て上げる、
Made in USAの高品位・カーオーディオブランド!”

アメリカでも有数の観光地として知られるフロリダを本拠地とする『JL Audio』は、重厚で上質な低音を奏でるサブウーファーやハイクオリティーな各種スピーカーコンポーネント、ハイパフォーマンスなパワーアンプなどを製造する世界的に著名な音響メーカーです。創設者であり自らもオーディオエンスーの “James Birch(ジェームス・バーチ)”と“Lucio Proni(ルシオ・プロニ)” は、2人の頭文字であるJとLを社名に掲げ、1975年に音響工学会社『JL Audio』を設立。設立当初はホーム用のスピーカーシステムを手掛けることから始め、1980年代の前半には“カー用アフターマーケット市場”に可能性を見いだし、カーオーディオビジネスの世界へと事業を拡大していきます。

そして1980年代の後半になると、『JL Audio』は“カー用音響機器メーカーのTOPブランド”として幅広く認知されるようになり、その後IASCA(アイアスカ/国際カーオーディオ競技協会のサウンドコンペティション)のWorld Finalでは、“同社のサブウーファーを装着している車両が入賞率No.1”という華々しい偉業を次々と成し遂げ、『JL Audio』の名声は一躍世界中に広まっていくのです。

創設者の1人でありチーフエンジニアでもあるルシオは、現在でもカーやホーム、そしてマリン等のすべての商品開発に携わり、高品位な製品創りに大きく貢献しています。類い稀なる製品精度と、迫真のサウンドクオリティー。世界に名だたる『JL Audio』の音色を、ぜひご堪能ください。