Marketing and Innovation
25330069

T4652-S (パワーシリーズ)

 JANCODE: 4532817479114
 標準小売価格  :¥200,000(税別)
  

●仕様:16.5cm2Wayコンポーネントスピーカー●最大入力:300W●定格入力:150W●公称インピーダンス:4Ω●周波数特性:40Hz〜30kHz●能率:87,5dB●取付穴直径:144mm(ウーファー部)●取付深さ:71mm(ウーファー部)●スピーカーグリル:サイズ(幅×高さ)181×24mm

2014_T4components_600x250

ELEGANT,RUGGED
AUDIOPHILE PERFORMANCE

プレミアムコンポーネント “T5” の思想を受け継ぐ
待望のNEWモデル「POWER T4」登場!!!

大人気のロックフォード・パワーシリーズに、待望のNEWスピーカーコンポーネント『POWER T4』がラインナップ! ハイエンドモデルである “T5” の開発で培われた最新テクノロジーを惜しげもなくフィードバックして開発された新型コンポーネントの『T4(T4652-S)』は、T5で好評を博した 「LCPF(Liquid Crystal polymer Fiber)」を編み込み成形した、超軽量&高反発な専用ハイブリッドコーンを採用。ボイスコイルの熱を効果的に拡散させ、歪みを生み出す不要な電磁場も 抑制するT5譲りのテクノロジー「IDHS(Inductive Damping Heat Sink)」も投入。スケール感に富んだ美しい中域再生を確約します。また、硬質なアルミ製のフェイズプラグやミッドレンジと同素材の振動板を採用した 25mmのドームツィーターが、限りなくクリアに広がる艶やかな高域再生を実現。
バイアンプやバイワイヤリングにも対応した高品位なパッシブネットワークも完備し、類い稀なサウンドクオリティーを実現するT4コンポーネント。同価格帯のライバル製品を凌駕する「圧倒的なサウンドパフォーマンス」を、ぜひご体感ください。

 

LCP

 

LCPF(Liquid Crystal Polymer Fiber)
ツィーターとウーファーの振動板に は、高い弾性・剛性・制振性・耐熱性を持つ”LCPF(Liquid Crystal Polymer Fiber/液晶ポリマーファイバー)”という同一素材を採用。ツィーターとウーファーの音色を合わせると共にナチュラルな高音質再生を実現しました。

 

T4652_basket
T4 WOOFER
LCPF(Liquid Crystal Polymer Fiber)を織り込み成形したウーファーコーン、背圧の影響を受けにくく、不要共振を排除するデザインを採用した高精度アルミダイキャストフレーム、1.5インチ(38mm)ボイスコイルと強力なネオジウムマグネット、そして、放熱を効率化するIDHSテクノロジーを投入した磁気回路の採用により、低域レスポンスの向上と高音質化を図りました。

 

tech_idhs_t3
T4 IDHS(Inductive Damping Heat Sink)
効率的にボイスコイルの冷却を行うとともに歪を最小限に抑え、背面のEMF(電磁場)も減少させる効果がある”IDHS(インダクティブ・ダンピング・ヒートシンク)”を採用しています。

 

T4tweeter

T4 TWEETER
ツィーターはレスポンス性能に優れた”LCPF(Liquid Crystal Polymer Fiber/液晶ポリマーファイバー)”を採用し質感の高いアルミダイキャスト製トリムリング、チューニングされたバックチャンバー、音波の位相を整えるアルミニウムフェイズプラグを備 えT4専用に設計されています.サイズは、帯域幅、指向特性ともに優れ、インストール性の高い25mmを採用しました。ツイーターマウントはAピラー埋め込みに最適なフラッシュマウント、傾斜のついたアングルマウントを付属しています。

 

 

T4Xover

オーディオファイルグレードパッシブクロスオーバー
バイアンプ、バイワイヤリング駆動に対応したパッシブクロスオーバーネットワークは、精度誤差5%の高精度ポリコンデンサとエアコアコイルを採用したバターワースタイプの高音質設計で、クロスポイント及びスロープ特性は、ハイパス:3.0kHz@12dB/oct, ローパス:3.0kHz@-12dB/octに設定され、3段階(+2dB/0dB/-2dB)のツィーターレベル調整機能を装備。また、ツィーターを過大入力から保護するPTCプロテクション回路やツィーターの取り付け位置によって切替するON/OFFアクシススイッチを装備しています。

 

 

tech_vast_speakers

VAST(Vertical Attach Surround Technique)
VAST(バーチカル・アタッチ・サラウンド・テクニック)は、サラウンド部分の素材と構造を改良することでコーン有効表面積を従来製品よりも25%もアップすることに成功したRockford Fosgate独自のサラウンド技術です。

 

tech_flexfit_speakers

Flex Fit Basket
スピーカーの取り付け位置を微調整できるアジャスタブルホールを採用したフレックスフィットバスケット


fig_h2_Rockford-T4カーオーディオ情報サイトMycar-lifeの週刊特集「ついにヴェールを脱いだロックフォード・フォズゲート ニュー・コンポーネント”T4″ その魅力・実力を大解剖!」ロックフォード・フォズゲート【T4652-S】のレビューが5週に渡って掲載されました。

>>#1:プロフィール編 >>#2:T4・インプレッション >>#3:T3との比較試聴
>>#4:T5との比較試聴 >>#5:「バイアンプ」 & 「マルチ」試聴