Marketing and Innovation
Rockford Fosgate

“カーオーディオの歴史はロックフォードで始まった”

1979年、アメリカはアリゾナ州のテンピに設立以来、“カーオーディオのリーディングカンパニー”として君臨してきた『Rockford Fosgate』。その歴史は古く、創設者であるジム・フォズゲートが1973年に世界初の車載用高性能パワーアンプを開発することから始まります。ジムは車内でホームオーディオのようなリスニングルームを実現させるため日々開発に没頭し、同年には名機と謳われる「PUNCH EQ」をリリース。それは誰もが驚愕する「パンチの効いたサウンド」だったことからPUNCHという愛称で呼ばれ、現在の製品にも脈々と受け継がれています。

革新的なアイデアと高度な技術力を誇る『Rockford Fosgate』は、その後も「TRANS nova(トランス・ノヴァ)」や「TOPAZ(トパーズ)」を代表とする数多くの特許技術を生み出し、多くの製品に採用。その力強く芯のあるアメリカンサウンドは世界中のオーディオファンを魅了し、TOYOTA・NISSAN・MITSUBISHI・SUZUKI・SALEEN・HUMMERといった大手自動車メーカー各社も“プレミアムオーディオ”として正式採用。信頼の音響ブランドとして、不動の地位を築き上げています。

押しも押されぬアメリカンサウンドの王道、『Rockford Fosgate』。音楽の感動をストレートに伝える“Rockford Sound”を、ぜひご自身の耳で、体で、ご確認ください。


This is Rockford