オーディオの感動を伝えたい!オーディオの楽しみ方を提案する会社です!

サブウーファー6万円以上8万円未満部門

CAR AUDIO OF THE YEAR_2012

CAOTY2012部門一覧

重低音を再生するには大きな振動板で、たくさんの空気を押し出す(空気を揺さぶる)必要がある。 大きな振動板は空気の抵抗も大きく、動かすためには当然大きなパワーが必要になる。また、スピーカーコーンを正確にストロークさせ、高音質再生を実現するには組み合わせるパワーアンプの性能も重要なポイントになる。 サブウーファー選びをする場合は、組み合わせるパワーアンプとのマッチングにも気を配りたい。 また、サブウーファーユニットの特性や狙った音づくりに合わせた精度の高いウーファーボックスの製作、音調整も再生音の良し悪しに「即」つながる重要なポイントだ。 愛車へのインストールは確かな知識と豊富な経験、そして取付設備を完備したプロショップに相談及び依頼されることをお勧めする。

 

T1D212

1位 ロックフォード・フォズゲート T1D(2/4)12
販売価格(税込): ¥71,190 (本体価格 ¥67,800)

強靭なダイキャストアルミニウムバスケット、振動板にはケブラーファイバーペーパーコーン&アルミニウムダストキャップを採用し、さらにディープでパワフルな深い低音域再生を実現。 従来製品に比べ25%もコーン有効面積を増加させることに成功したVAST(Vertical Attach Surround Technique)サラウンドテクノロジー(特許出願中)をはじめ、ボイスコイルを効率良く冷却するテクノロジーIDHS (Inductive Damping Heat Sink) 、ハイエクスカージョンTPE (Thermo-Plastic Elastomer)サラウンド、アルミニウム・ボイスコイル・フォーマー、パラボラ型トライアンギュラーコーン形状サポートシステムなど、数多くのテクノロジーを投入した12インチ(30cm)DVCサブウーファー。公称インピーダンス2ΩDVC仕様のT1D212と4ΩDVC仕様のT1D412がある。
製品の詳細はコチラ⇒Rockford Fosgate T1D212 / T1D412

 

T0D212

2位 ロックフォード・フォズゲート T0D(2/4)12
販売価格(税込): ¥64,890 (本体価格 ¥61,800)

上位モデル”T2″&”T1″のテクノロジーとサウンドクオリティを高次元で引き継いだ”T0(ティーゼロ)”サブウーファーには、ワンタッチでインピーダンスを変更できるSWIFT(Selectable Woofer Impedance Fused Termination)テクノロジーを投入。スピーカーターミナル部に設置された変換プラグを差し替えるだけでインピーダンスを簡単に変更することができる。公称インピーダンス2ΩDVC仕様のT0D212と4ΩDVC仕様のT0D412がある。
製品の詳細はコチラ⇒Rockford Fosgate T0D212 / T0D412

 

T1D410

3位 ロックフォード・フォズゲート T1D(2/4)10
販売価格(税込): ¥63,840 (本体価格 ¥60,800)

強靭なダイキャストアルミニウムバスケット、振動板にはケブラーファイバーペーパーコーン&アルミニウムダストキャップを採用し、さらにディープでパワフルな深い低音域再生を実現。 従来製品に比べ25%もコーン有効面積を増加させることに成功したVAST(Vertical Attach Surround Technique)サラウンドテクノロジー(特許出願中)をはじめ、ボイスコイルを効率良く冷却するテクノロジーIDHS (Inductive Damping Heat Sink) 、ハイエクスカージョンTPE (Thermo-Plastic Elastomer)サラウンド、アルミニウム・ボイスコイル・フォーマー、パラボラ型トライアンギュラーコーン形状サポートシステムなど、数多くのテクノロジーを投入した10インチ(30cm)DVCサブウーファー。公称インピーダンス2ΩDVC仕様のT1D210と4ΩDVC仕様のT1D410がある。
製品の詳細はコチラ⇒Rockford Fosgate T1D210 / T1D410

 

T812-44

4位 MTXオーディオ T812-(22/44)
販売価格(税込): ¥64,050 (本体価格 ¥61,000)

不要共振を効果的に抑えるとともに大振幅時でもしっかりとコーンのストロークを支える頑強なダイキャストアルミニウム製バスケットに、3層構造大型Sr(ストロンチウム)フェライトマグネットと大口径60mmサイズのアルミニウムボイスコイルで構成された磁気回路を搭載。振動板に軽量・高剛性のグラスファーバーを採用したコンペティショングレードDVC(デュアルボイスコイル)サブウーファーだ。公称インピーダンス2ΩDVC仕様のT812-22と4ΩDVC仕様のT812-44がある。
製品の詳細はコチラ⇒MTX Audio T812-22 / T812-44

 

10W6v2-D4

5位 JLオーディオ 10W6v2-D4
販売価格(税込): ¥79,800 (本体価格 ¥76,000)

低歪で上質な重低音再生を実現するDMA(ダイナミック・モーター・アナリシス)オプティマイズ・モーターシステムとFEA(フィニート・エレメント・アナリシス)オプティマイズ・サスペンションをはじめ、FCAM(フローティング・コーン・アタッチ・メソッド)テクノロジーなど、フラッグシップであるW7(ダブナナ)サブウーファーに搭載している特許技術が多く投入されており、可聴帯域を下回るレベルでも低歪みでクリアな重低音再生を実現するハイエンドサブウーファー。
製品の詳細はコチラ⇒JL Audio 10W6v2-D4

 

T615-44

6位 MTXオーディオ T615-(22/44)
販売価格(税込): ¥69,300 (本体価格 ¥66,000)

超ド級のサブウーファー”JACK HAMMER T9922-22“を彷彿させるTHUNDER6000シリーズサブウーファーは、単にデザインだけではなく、グラスファイバーコーンとラバーサラウンドの接合部をを縫い付ける技術”スティッチコーン”の採用で、大入力で連続駆動するなどのハードな使用方法でもコーンとサラウンドが剥離することもなく、高い耐久性を誇る。 高剛性スチールバスケットには、60mmサイズのアルミニウムボイスコイルと大型Sr(ストロンチウム)フェライトマグネットを搭載したDVC(デュアルボイスコイル)サブウーファー。 公称インピーダンス2ΩDVC仕様のT615-22と4ΩDVC仕様のT615-44がある。
製品の詳細はコチラ⇒MTX Audio T615-22 / T615-44

 

TR7512-22

7位 MTXオーディオ TR7512-(22/44)
販売価格(税込): ¥60,375 (本体価格 ¥57,500)

mtx audioのロゴがプリントされたブラックヘアライン仕上げのウーファーコーンがクールなTR75シリーズサブウーファーは、アルミニウムコーンとラバーサラウンドの接合部をを縫い付ける技術“ダブルスティッチコーン”の採用で、大入力で連続駆動するなどのハードな使用方法でもコーンとサラウンドが剥離することもなく、高い耐久性を誇る。 また、高出力と低歪を実現させたALDS(Asymmetrical Linear Drive System)技術やボイスコイルを直接冷却することにより効率的な放熱を可能にしたSPV(Spider Plateau Vending)テクノロジーなど様々な最先端技術が投入される。公称インピーダンス2ΩDVC仕様のTR7512-22と4ΩDVC仕様のTR7512-44がある。
製品の詳細はコチラ⇒MTX Audio TR7512-22 / TR7512-44

 

T610S-22

8位 MTXオーディオ T610S-(22/44)
販売価格(税込): ¥63,000 (本体価格 ¥60,000)

 スクエアサブウーファーの要ともいえるラバーサラウンドのコナー部分にMTX Audio独自の特許技術を採用しており、耐久性に優れ、空気を振動させる量を増加させるとともにコーンを正確にストロークさせることで高音質再生を実現している。60mmサイズのアルミニウムボイスコイルと大型Sr(ストロンチウム)フェライトマグネットで構成された磁気回路を搭載し、振動板はグラスファイバー、バスケットは高剛性スチールを採用。 一見すると超ド級のスクエアサブウーファー”JACK HAMMER TS9924-22“を彷彿させるデザインだが、単にデザインだけではなく、グラスファイバーコーンとラバーサラウンドの接合部をを縫い付ける技術”スティッチコーン”の採用で、大入力で連続駆動するなどのハードな使用方法でもコーンとサラウンドが剥離することもなく、高い耐久性を誇る。公称インピーダンス2ΩDVC仕様のT610S-22と4ΩDVC仕様のT610S-44がある。
製品の詳細はコチラ⇒MTX Audio T610S-22 / T610S-44

 

IDMAX12D4.V3

9位 イメージ・ダイナミクス IDMAX12D(2/4)V3
販売価格(税込): ¥77,700 (本体価格 ¥74,000)

強靭なアルミダイキャストフレーム、グラスファイバー複合ペーパーコーン、トリプルスタック式大型フェライトマグネット、高効率ボイスコイル熱放出システムなど、すべてがコンペティションレベルに仕上げられた12インチ(30cm)DVCサブウーファー。定格入力1000W、X-MAXは360°ストロークで往復50mmといったハイスペック仕様で、単に強力な音圧を吐き出すためではなく、小パワー入力時でもより自然で臨場感溢れるローエンドを再生する人気モデルだ。公称インピーダンス2ΩDVC仕様のIDMAX12D2 V3と4ΩDVC仕様のIDMAX12D4 V3がある。
製品の詳細はコチラ⇒Image Dynamics IDMAX12D2 V3 / IDMAX12D4 V3

 

IDMAX10D4.V3

10位 イメージ・ダイナミクス IDMAX10D(2/4)V3
販売価格(税込): ¥71,400 (本体価格 ¥68,000)

米イメージ・ダイナミクスのフラッグシップIDMAXシリーズの10インチ(25cm)サブウーファー。公称インピーダンス2ΩDVC仕様のIDMAX10D2 V3と4ΩDVC仕様のIDMAX10D4 V3がある。
製品の詳細はコチラ⇒Image Dynamics IDMAX10D2 V3 / IDMAX10D4 V3

CAOTY2012部門一覧

カーオーディオ総合カタログ2020-2021
MARINE AUDIO
SFM UTSUNOMIYA
カーオーディオスタートガイドブック