オーディオの感動を伝えたい!オーディオの楽しみ方を提案する会社です!

サブウーファー8万円以上部門

CAR AUDIO OF THE YEAR_2012

CAOTY2012部門一覧

サブウーファー部門の最高峰となる【サブウーファー8万円以上部門】では、JLオーディオやロックフォード・フォズゲート、MTXオーディオやCDTオーディオのフラッグシップが並び、大口径サイズの15インチモデルも3機種ランクインするなど錚錚たる顔ぶれとなった。上質な造りに加え、圧倒的な再生能力を備えた実力機が勢揃いした。 
個々のサブウーファーが持つ巧みな立体表現力はハイエンドスピーカーとのマッチングもバツグンで、マニアの厳しい要求にも応えることができるスーパーサブウーファー群だ。

 

T2D215

1位 ロックフォード・フォズゲート T2D(2/4)15
販売価格(税込): ¥101,640 (本体価格 ¥96,800)

カスタムメイドのダイキャストアルミニウムバスケットに4インチ(100.7mm)の大口径ボイスコイル、パワフルなリニアモーターを搭載したコンペティショングレードの15インチ(38cm)DVCサブウーファー。ハイエクスカージョンサーモラバーサラウンド、デュアル構造ミラーイメージ対称型スパイダー、パラボラ型トライアンギュラーコーン形状サポートシステム、ボイスコイルを効率良く冷却するテクノロジーIDHS(Inductive Damping Heat Sink) を磁気回路の上部に装備するなど数々のテクノロジーを採用。公称インピーダンス2ΩDVC仕様のT2D215と4ΩDVC仕様のT2D415がある。
製品の詳細はコチラ⇒Rockford Fosgate T2D215 / T2D415

 

13TW5-3

2位 JLオーディオ 13TW5-3
販売価格(税込): ¥101,850 (本体価格 ¥97,000)

画期的なパフォーマンスを提供する13インチ(33cm)超薄型サブウーファー13TW5-3は、取付深さ65mmの超薄型を実現。非常に狭いスペースでもスマートに取り付けすることができる。特許取得済みの超薄型技術には、あらゆるサブウーファーの基本設計概念が凝縮されており、その技術の中心はボイスコイルとサスペンションのアタッチメントを支えるコンセントリック・チューブ構造。これにより優れたリニアエクスカーションを維持しながらスピーカーの前方にモーターの設置を可能にした。13TW5-3は、非常に小さい容積のエンクロージャーで性能を発揮できるよう設計されている。
製品の詳細はコチラ⇒JL Audio 13TW5-3

 

T2D212

3位 ロックフォード・フォズゲート T2D(2/4)12
販売価格(税込): ¥96,390 (本体価格 ¥91,800)

カスタムメイドのダイキャストアルミニウムバスケットに4インチ(100.7mm)の大口径ボイスコイル、パワフルなリニアモーターを搭載したコンペティショングレードの12インチ(30cm)DVCサブウーファー。 ハイエクスカージョンサーモラバーサラウンド、デュアル構造ミラーイメージ対称型スパイダー、パラボラ型トライアンギュラーコーン形状サポートシステム、ボイスコイルを効率良く冷却するテクノロジーIDHS(Inductive Damping Heat Sink) を磁気回路の上部に装備するなど数々のテクノロジーを採用。小型バスレフエンクロージャーまたはシールドエンクロージャーに最適化されており、深くタイトなベース音と大地を揺るがす超低域再生を実現する。公称インピーダンス2ΩDVC仕様のT2D212と4ΩDVC仕様のT2D412がある。
製品の詳細はコチラ⇒Rockford Fosgate T2D212 / T2D412

 

12W6v2-D4

4位 JLオーディオ 12W6v2-D4
販売価格(税込): ¥98,700 (本体価格 ¥94,000)

低歪で上質な重低音再生を実現するDMA(ダイナミック・モーター・アナリシス)オプティマイズ・モーターシステムとFEA(フィニート・エレメント・アナリシス)オプティマイズ・サスペンションをはじめ、FCAM(フローティング・コーン・アタッチ・メソッド)テクノロジーなど、フラッグシップであるW7(ダブナナ)サブウーファーに搭載している特許技術が多く投入されており、可聴帯域を下回るレベルでも低歪みでクリアな重低音再生を実現する12インチ(30cm)4ΩDVC仕様のハイエンドサブウーファーである。
製品の詳細はコチラ⇒JL Audio 12W6v2-D4

 

12W7AE-3

5位 JLオーディオ 12W7AE-3
販売価格(税込): ¥151,200 (本体価格 ¥144,000)

“W7″誕生10周年を記念してリリースされたW7 10th Anniversary Editionではマットブラックのアルミダイキャスト製フレームや”ANNIVERSARY EDITION”の文字が入ったコーンバッジやターミナルラベルを特別装備。JL Audioのフラッグシップモデルとして、その存在感を一層強めた12インチ(30cm)SVCサブウーファーである。
製品の詳細はコチラ⇒JL Audio 12W7AE-3

 

T815-44

6位 MTXオーディオ T815-(22/44)
販売価格(税込): ¥87,675 (本体価格 ¥83,500)

不要共振を効果的に抑えるとともに大振幅時でもしっかりとコーンのストロークを支える頑強なダイキャストアルミニウム製バスケットに、3層構造大型Sr(ストロンチウム)フェライトマグネットと大口径60mmサイズのアルミニウムボイスコイルで構成された磁気回路を搭載。振動板に軽量・高剛性のグラスファーバーを採用したコンペティショングレードDVC(デュアルボイスコイル)サブウーファー。公称インピーダンス2ΩDVC仕様のT815-22と4ΩDVC仕様のT815-44がある。
製品の詳細はコチラ⇒MTX Audio T815-22 / T815-44

 

10W7AE-3

7位 JLオーディオ 10W7AE-3
販売価格(税込): ¥115,500 (本体価格 ¥110,000)

世界中のカーオーディオファナティックから高い評価を受け、数々の賞を総なめにした革新的なサブウーファー”W7″。世界最高水準のサウンドパフォーマンスを誇り、力強く、厚みのある音が見事で、実体感の高さは正に別世界。“W7″誕生10周年を記念してリリースされたW7 10th Anniversary Editionではマットブラックのアルミダイキャスト製フレームや”ANNIVERSARY EDITION”の文字が入ったコーンバッジやターミナルラベルを特別装備する。
製品の詳細はコチラ⇒JL Audio 10W7AE-3

 

TR7515-44

8位 MTXオーディオ TR7515-(22/44)
販売価格(税込): ¥80,850 (本体価格 ¥77,000)

アルミニウムコーンとラバーサラウンドの接合部をを縫い付ける技術“ダブルスティッチコーン”の採用で、大入力で連続駆動するなどのハードな使用方法でもコーンとサラウンドが剥離することもなく、高い耐久性を誇る。 また、高出力と低歪を実現させたALDS(Asymmetrical Linear Drive System)技術やボイスコイルを直接冷却することにより効率的な放熱を可能にしたSPV(Spider Plateau Vending)テクノロジーなど様々な最先端技術が投入されている15インチ(38cm)DVCサブウーファー。公称インピーダンス2ΩDVC仕様のTR7515-22と4ΩDVC仕様のTR7515-44がある。
製品の詳細はコチラ⇒MTX Audio TR7515-22 / TR7515-44

 

8W7AE-3

9位 JLオーディオ 8W7AE-3
販売価格(税込): ¥92,400 (本体価格 ¥88,000)

“W7″誕生10周年を記念してリリースされたW7 10th Anniversary Editionではマットブラックのアルミダイキャスト製フレームや”ANNIVERSARY EDITION”の文字が入ったコーンバッジやターミナルラベルを特別装備する。世界最高水準のサウンドパフォーマンスを誇る8インチ(20cm)SVCサブウーファー。
製品の詳細はコチラ⇒JL Audio 8W7AE-3

 

QES-1020

10位 CDTオーディオ QES-1020
販売価格(税込): ¥86,100 (本体価格 ¥82,000)

頑強なダイキャストアルミニウム製バスケットに、ダブルスタック大型フェライトマグネットと大口径66mmサイズのアウミニウムボイスコイルで構成された磁気回路を搭載。ハニカム構造のケブラーファイバー混合ペーパーコーンにより、高品位な低音再生を実現するQESシリーズ10インチ(25cm)SVCサブウーファー。
製品の詳細はコチラ⇒CDT Audio QES-1020

CAOTY2012部門一覧

カーオーディオ総合カタログ2020-2021
MARINE AUDIO
SFM UTSUNOMIYA
カーオーディオスタートガイドブック