オーディオの感動を伝えたい!オーディオの楽しみ方を提案する会社です!

【CAOTY2018】1chパワーアンプ6万円未満部門

☜CAOTY2018部門一覧

カーオーディオに必要不可欠なサブウーファーを 高音質&パワフルにドライブするコンパクトサイズの大人気パワーアンプが勢揃いする【1chパワーアンプ6万円未満部門】。今年もロックフォード・フォズゲートのR250X1とR500X1Dの2強がワンツーフィニッシュを決めた。

 

 

1位 ロックフォード・フォズゲート R250X1
標準小売価格(税込): ¥37,800 (本体価格 ¥35,000)

PRIMEシリーズR250X1が6年連続で首位を維持した。カーオーディオ入門者向けとして「手軽に”Rockford Sound”を楽しんでもらうこと」を目的に開発され、益々身近になった新しいラインアップPRIMEシリーズパワーアンプR250X1は、150W×1(4Ω)250W×1(2Ω)に対応したサブウーファー専用Class-A/Bアンプのベストセラーモデルだ。
製品の詳細はコチラ⇒Rockford Fosgate R250X1

 

 

2位 ロックフォード・フォズゲート R500X1D
標準小売価格(税込): ¥46,440 (本体価格 ¥43,000)

今年もR500X1Dが第2位を獲得、6年連続で2位の座をキープした。「高音質」「パワー」「使いやすさ」「コストパフォーマンス」で高い支持を受け、世界中で大ヒットしているPRIMEシリーズのClass-Dサブウーファー専用パワーアンプR500X1D。 定格出力250W×1(4Ω)/500W×1(2Ω)を誇り、高耐入力仕様の高性能サブウーファーをもパワフルにドライブすることができる。また、幅216×奥行172×高さ51mmというコンパクトなサイズは、シート下をはじめ、場所を選ばず取り付け可能だ。
製品の詳細はコチラ⇒Rockford Fosgate R500X1D

 

 

3位 グラウンドゼロ GZIA 1.600HPX-II
標準小売価格(税込): ¥48,600 (本体価格 ¥45,000)

グラウンドゼロのGZIA-1.600HPX-IIが、3位まで順位を上げてきた。230W×1(4Ω)/400W×1(2Ω)の定格出力を発揮。そして、600W(1Ω)という超低インピーダンスにも対応するサブウーファー専用のパワーアンプで、カスタムインストレーションで映えるスタイリッシュなデザインを採用している。ハイレベルインプットを標準装備しているため、純正からのステップアップはもちろん、本格システムにも対応する優秀機だ。
製品の詳細はコチラ⇒Ground Zero GZIA-1.600HPX-II

 

4位 ロックフォード・フォズゲート P300X1
標準小売価格(税込): ¥59,400 (本体価格 ¥55,000)

パワーアンプ全体に熱を均一に分散する特許技術“DTM”や従来よりも5倍の冷却効率&低歪を誇る新しいFETマウント技術“MEHSA3”を代表とする上位シリーズで培ったテクノロジーを継承しつつ、新たにクリップインジケーターを装備した新技術”C.L.E.A.N.”テクノロジーを搭載。これによりパワーアンプの性能を最適に且つ安全に使用することを実現。定格出力200W×1(4Ω)/300W×2(2Ω)を発揮する。
製品の詳細はコチラ⇒Rockford Fosgate P300X1

 

5位 ロックフォード・フォズゲート PBR300X1
標準小売価格(税込): ¥51,840 (本体価格 ¥48,000)

最先端技術”BRT(Boosted Rail Technology)”を搭載し、超高効率で低歪、さらに幅108×奥行171×高さ38mmという超小型化を実現。 取り付けスペースが限られるコンパクトカーやモーターサイクル、ラゲッジスペースをフルに使いたいファミリーカーにもピッタリのパワーアンプ。
製品の詳細はコチラ⇒Rockford Fosgate PBR300X1

 

6位 JLオーディオ JX250/1D
標準小売価格(税込): ¥48,600 (本体価格 ¥45,000)

前作のJX250/1からの生産移行により2017年からデリバリーを開始したJX250/1Dは、増幅回路がClass-Dへと変更になり、よりコンパクトに、より省電力になった。250W×1@2Ωのハイパワーを備えたサブウーファー専用パワーアンプでハイレベルインプットにも対応している。
製品の詳細はコチラ⇒JL Audio JX250/1D

 

7位 ヴァイブ・オーディオ POWERBOX500.1-V7
標準小売価格(税込): ¥45,900 (本体価格 ¥42,500)

エントリークラス帯のシリーズながら価格以上の音質とパワーを実現するコストパフォーマンスに優れたPOWERBOX500.1-V7は高効率D級増幅回路を採用、ローパスバリアブルクロスオーバー、サブソニックフィルター、ベースブーストなど必要で十分な機能を装備していて、RCA入力端子の他、プリアウトが装備されていないナビやヘッドユニットにも接続可能なハイレベルインプット端子を標準装備している。
製品の詳細はコチラ⇒VIBE Audio POWERBOX500.1-V7

 

8位 ヴァイブ・オーディオ POWERBOX400.1M-V7
標準小売価格(税込): ¥23,220 (本体価格 ¥21,500)

POWERBOX400.1M-V7はピアノブラックのトップパネルを装備したわずか37mmの厚さと152mm幅の筐体でシート下、サブトランクにも設置可能なコンパクトサイズが特徴。
スピーカーライン入力、RCAケーブル入力に対応。別売のマイクロ4chアンプPOWERBOX65.4M-V7とのと組み合わせても省スペースな取付を実現するクラスD級パワーアンプだ。
製品の詳細はコチラ⇒VIBE Audio POWERBOX400.1M-V7

 

9位 ヴァイブ・オーディオ LITEBB1-V2
標準小売価格(税込): ¥56,160 (本体価格 ¥52,000)

lite airシリーズのパワーアンプは、スーパーカーと同じようなコンセプトを元に製作されていて、「よりパワフルに、より軽く」でこのパワーアンプは車両のパフォーマンスを損なうことなく、カーオーディオをアップグレードする事が出来コンパクトな設計で、スペースがあまり取れない車両でもインストールする事が出来るのもこのアンプの特徴だ。
製品の詳細はコチラ⇒VIBE Audio LITEBB1-V2

 

☜17.【CAOTY2018】1chパワーアンプ6万円以上10万円未満部門
☜18.【CAOTY2018】1chパワーアンプ10万円以上部門

 

☜CAOTY2018部門一覧

 

※2017年12月から2018年11月までの1年間に販売された売上総数順に製品を掲載していますが、価格の変更や販売終了となっている可能性もございます。予めご了承ください。

ACGマガジン2019-2020
MARINE AUDIO
SFM UTSUNOMIYA