Marketing and Innovation

【CAOTY2018】1chパワーアンプ6万円以上10万円未満部門

☜CAOTY2018部門一覧

躍動感溢れる豊かな低音再生、ディープでパワフルな低音再生を実現する高性能サブウーファー用パワーアンプが揃う【1chパワーアンプ6万円以上10万円未満部門】には、6ブランドから多彩なモデルがランクインしている。各ブランドともに、さらなる音質向上と効率向上を追い求め、増幅回路もサブウーファー用パワーアンプとして主流となっているClass-Dをはじめ、ロックフォード・フォズゲート独自のClass-BDやClass-BRを採用するなど実力機が揃った。

 

 

1位 ロックフォード・フォズゲート P500X1bd
標準小売価格(税込): ¥89,640 (本体価格 ¥83,000)

P500X1bdが5年連続でランキング1位を獲得。約80%という高効率を達成しながら、限りなくClass-A/Bの音質に近づけ、低歪再生することに成功したRockford Fosgate独自の画期的な増幅回路”Class-BD”(特許技術)を搭載。パワーアンプ全体に熱を均一に分散する特許技術“DTM”や従来よりも5倍の冷却効率&低歪を誇る新しいFETマウント技術“MEHSA3”を代表とする上位シリーズで培ったテクノロジーを継承しつつ、新たにクリップインジケーターを装備した新技術”C.L.E.A.N.”テクノロジーを搭載。これによりパワーアンプの性能を最適に且つ安全に使用することを実現している。
製品の詳細はコチラ⇒Rockford Fosgate P500X1bd

 

 

2位 グラウンドゼロ GZHA MINI ONE
標準小売価格(税込): ¥64,800 (本体価格 ¥60,000)

ヘアライン・ブラックアルマイト仕上げのコンパクトな筐体は、シート下にも収まる210×135×52mmサイズ。スタビリティーの高い電源回路とSMD表面実装テクノロジーを採用したClass-D増幅回路を搭載することで高音質&ハイパワーを実現。RCA入力はもちろん、純正オーディオからのスピーカー入力に対応するハイレベルインプット端子やオートターンオン機能も装備。内蔵クロスオーバーはローパスに加えサブソニックフィルタも搭載。手元でサブウーファーの音量調節を可能にするベースリモートコントローラーを標準装備。また、2台連結することで定格出力1260Wを実現する2Ωリンクモードにも対応するなど、あらゆるシステムに対応する柔軟性の高い設計となってる。
製品の詳細はコチラ⇒Ground Zero GZHA MINI ONE

 

 

3位 MTXオーディオ THUNDER1000.1
標準小売価格(税込): ¥97,200 (本体価格 ¥90,000)

THUNDERシリーズの1chアンプTHUNDER1000.1が昨年よりさらに3位へとランキングが上げてきた。ブラックを基調としたアルミ製のダイキャストボディのトップにスリットを入れることで表面積を増やし、放熱効果を高めるとともに機能美あふれるデザインを創出。精悍さを増したルックスも大きなポイントになっている。また、内部基板には高品位なダブルサイドPCBを採用し、MTXオーディオならではのパワフルな電源部も採用。THUNDER1000.1は、定格出力350W×1(4Ω)/600W×1(2Ω)/1000W×1(1Ω)のハイパワー仕様だ。
製品の詳細はコチラ⇒MTX Audio THUNDER1000.1

 

4位 JLオーディオ XD300/1v2
標準小売価格(税込): ¥81,000 (本体価格 ¥75,000)

JLオーディオのXD300/1v2が今年は4位を獲得した。174×180×52mmの超小型サイズでありながら200W×1(4Ω)/300W×1(2Ω)のハイパワーを誇る。新開発NexD™スイッチング・テクノロジーを採用することで80%以上の高効率を成し遂げ、小型軽量、省電力、ハイパワーはもちろんのこと、小さなサイズからは想像もできないような高音質を実現する。
製品の詳細はコチラ⇒JL Audio XD300/1v2

 

5位 ヴァイブ・オーディオ BLACKAIRB2-V1
標準小売価格(税込): ¥87,480 (本体価格 ¥81,000)

BLACKAIR(ブラックエアー)シリーズのパワーアンプVA-BLACKAIRB2-V1は、Class-D回路を用いたハイパワー1chモノラルアンプで筐体には質感の高いピアノブラック塗装の採用し最新のオーディオテクノロジーを用いてゼロから再設計、回路部が50%コンパクトになりつつも(旧モデル比)熱効率の改善、電力供給の向上が図られている。
製品の詳細はコチラ⇒VIBE Audio BLACKAIRB2-V1

 

6位 JLオーディオ JX500/1D
標準小売価格(税込): ¥62,640 (本体価格 ¥58,000)

JLオーディオのJX500/1Dが今年は6位になった。シンプル且つ美しいヘアライン仕上げのアルミボディに、ブラック仕上げのエンドキャップが全体を引き締める筐体デザインを採用。時代のニーズに合わせ、199×195×53mmというコンパクトサイズを実現しながら500W×1@2Ωのハイスペックを備えたClass-Dサブウーファー専用パワーアンプである。また、RCA出力を持たない純正オーディオにも接続可能なハイレベルインプット端子を標準装備しており、あらゆる車種に取り付けすることが可能だ。
製品の詳細はコチラ⇒JL Audio JX500/1D

 

7位 グラウンドゼロ GZRA Micro ONE
標準小売価格(税込): ¥64,800 (本体価格 ¥60,000)

グラウンドゼロのGZRA Micro ONEが7位を獲得した。190×75×44mmの超コンパクトボディを実現し、シート下やグローブボックス、アームレストやサブトランクなど、あらゆるデッドスペースにスッキリとインストールすることができる。小型ながら定格出力220W(4Ω)/350W(2Ω)のハイパワーを発揮し、サブウーファーをパワフルドライブさせることも可能だ。また、オートターンオン機能(ハイレベル入力時)を標準装備してるのでRCA出力を持たない純正ナビやヘッドユニットへの接続も容易。
製品の詳細はコチラ⇒Ground Zero GZRA Micro ONE

 

8位 マッツ・プロオーディオ MPA1700D
標準小売価格(税込): ¥86,400 (本体価格 ¥80,000)

MPAシリーズの1chパワーアンプMPA1700Dは、幅303×奥行195×高さ56mmというコンパクトサイズながら700Wx1@1Ωをたたき出すハイスペックモデル。
製品の詳細はコチラ⇒MMATS Pro Audio MPA1700D

 

9位 JLオーディオ RD500/1
標準小売価格(税込): ¥86,400 (本体価格 ¥80,000)

2017年にリリースしたJLオーディオの小型1chパワーアンプRD500/1が9位にランクインした。幅248 x 厚さ54 x 奥行177(mm)でシート下にも収まるコンパクトサイズを実現。独自のハイスピードNexD™スイッチング技術を利用することで非常に効率的な電力を生成し、小型でハイパワー、省電力、発熱量の低減にも貢献。優れたノイズ除去機能でオルタネーターノイズやその他のノイズを防ぐことができるディファレンシャル・バランス入力にも対応している他、スタジオグレードの信号処理とオートターンオン機能(信号検出とDCオフセット検出による)を装備。
製品の詳細はコチラ⇒JL Audio RD500/1

 

10位 MTXオーディオ THUNDER500.1
標準小売価格(税込): ¥71,280 (本体価格 ¥66,000)

第5位のTHUNDER1000.1よりも筐体幅で81mmほど小さいTHUNDER500.1。227.5mm×160mm×56.5mmというコンパクトサイズながら、300W×1(4Ω)/500W×1(2Ω)の定格出力を持ち、キレ味鋭いエネルギッシュなパワーサウンドを実現する。
製品の詳細はコチラ⇒MTX Audio THUNDER500.1

 

☜16.【CAOTY2018】1chパワーアンプ6万円未満部門
☜18.【CAOTY2018】1chパワーアンプ10万円以上部門

 

☜CAOTY2018部門一覧

 

※2017年12月から2018年11月までの1年間に販売された売上総数順に製品を掲載していますが、価格の変更や販売終了となっている可能性もございます。予めご了承ください。

ACGマガジン2019-2020
MARINE AUDIO
SFM UTSUNOMIYA