Marketing and Innovation

【CAOTY2018】サブウーファー3万円未満部門

☜CAOTY2017部門一覧

フロントスピーカーでは再現しきれない低音域を補い、音楽の表現の幅と深みを与えてくれる、そして何より音楽を楽しくしてくれるサブウーファー。口径も8インチ、10インチ、12インチがあり、一般的なSVC(シングルボイスコイル)仕様からDVC(デュアルボイスコイル)仕様まで、リーズナブルプライスを実現しながらコストパフォーマンスの高いモデルが幅広く揃う【サブウーファー3万円未満部門】。ロックフォードのPUNCHシリーズが圧倒的な強さで今年も第1位から第4位までを独占した。

 

 

1位 ロックフォード・フォズゲート P1S(2/4)-12
標準小売価格(税込): ¥21,600 (本体価格 ¥20,000)

ロックフォード・フォズゲートのP1S(2/4)-12が今年もランキング1位を獲得!これで7年連続で第1位を維持するという快挙を成し遂げた。新開発のウーファーバスケット(フレーム)には、ボイスコイル冷却用ダクトを装備。マグネット周りにはPVC製保護カバーを装備していて見た目もクール!付属のABS樹脂製ソフトタッチ・ウーファーリングを装着することで、ラバーサラウンドの保護と同時にスタイリッシュなドレスアップ効果もある12インチ(30cm)SVCサブウーファーだ。公称インピーダンス2ΩSVC仕様のP1S2‐12と4ΩSVC仕様のP1S4‐12がある。
製品の詳細はコチラ⇒Rockford Fosgate P1S4-12 / P1S2-12

 

 

2位 ロックフォード・フォズゲート P1S(2/4)-10
標準小売価格(税込): ¥19,440 (本体価格 ¥18,000)

P1シリーズ10インチサブウーファーが今年も安定の2位をキープした。赤色で縁取られたダイヤモンドRのメッキエンブレムが光るウーファーリング。取付位置の微調整を可能にする”FLEX FIT”スタンプバスケットを新たに採用するなど、多くの最新技術を投入。コストパフォーマンスに優れたエントリークラスの10インチ(25cm)SVCサブウーファーだ。公称インピーダンス2ΩSVC仕様のP1S2‐10と4ΩSVC仕様のP1S4‐10がある。
製品の詳細はコチラ⇒Rockford Fosgate P1S2‐10 / P1S4‐10

 

 

3位 ロックフォード・フォズゲート P2D(2/4)-10
標準小売価格(税込): ¥29,160 (本体価格 ¥27,000)

高剛性スチールバスケットに新素材ケブラーファイバーペーパーコーンを採用したP2サブウーファーには、ボイスコイルの冷却に優れたアルミニウムボイスコイルフォーマー、強力スティッチリードワイヤー、57.7mmサイズのボイスコイル、2層構造大型マグネットモーターやデュアルリニアスパイダー、10ゲージニッケルメッキ・プッシュ式高級スピーカーターミナル、PVC製保護用マグネットカバーなどを装備。多くの最新技術を投入したDVC(デュアルボイスコイル)仕様の10インチ(25cm)サブウーファーで、公称インピーダンス2ΩDVC仕様のP2D2‐10と4ΩDVC仕様のP2D4‐10がある。
製品の詳細はコチラ⇒Rockford Fosgate P2D2-10 / P2D4-10

 

4位 ロックフォード・フォズゲート P2D(2/4)-8
標準小売価格(税込): ¥23,760 (本体価格 ¥22,000)

高剛性スチールバスケットに新素材ケブラーファイバーペーパーコーンを採用したP2サブウーファーには、ボイスコイルの冷却に優れたアルミニウムボイスコイルフォーマー、強力スティッチリードワイヤー、57.7mmサイズのボイスコイル、2層構造大型マグネットモーターやデュアルリニアスパイダー、10ゲージニッケルメッキ・プッシュ式高級スピーカーターミナル、PVC製保護用マグネットカバーなどを装備。多くの最新技術を投入したDVC(デュアルボイスコイル)仕様の8インチ(20cm)サブウーファーで、公称インピーダンス2ΩDVC仕様のP2D2‐8と4ΩDVC仕様のP2D4‐8がある。
製品の詳細はコチラ⇒Rockford Fosgate P2D2-8 / P2D4-8

 

5位 グラウンドゼロ GZCW 12-50
標準小売価格(税込): ¥21,600 (本体価格 ¥20,000)

GZコンペティションシリーズの30cm口径ミッドウーファーで振動板及びダストキャップは、軽量且つ応答性に優れた繊維強化ペーパーコーンで出来ており振幅量を充分に確保できる”W”スタイルサラウンドとの組み合わせにより高能率96dBを達成。MAX 600Wという強大なパワーハンドリングと高いリニアリティーを実現している。エンクロージャーに入れずリアシート背面などに直接取り付けるフリーエアー取り付けにも対応していて様々な取付に対応できる。
製品の詳細はコチラ⇒Ground Zero GZCW 12-50

 

6位 グラウンドゼロ GZIW 250X-Ⅱ
標準小売価格(税込): ¥24,840 (本体価格 ¥23,000)

低価格帯でありながら、高品位な低音再生を実現する10インチ径のベーシックサブウーファーがGZIW 250X-II。ダークシルバーカラーの振動板はIMPPコーンで、ハイロールサラウンドやPOLYCOTスパイダーを組み合わせ、高剛性スチールバスケットには50mm径ボイスコイルと大型フェライトマグネットの強力な磁気回路を搭載。ラバー製のマグネット保護カバー及びウーファーリング、プッシュ式スピーカーターミナルも装備している。
製品の詳細はコチラ⇒Ground Zero GZIW 250X-Ⅱ

 

 

 

7位 JLオーディオ 10W0v3-4
標準小売価格(税込): ¥24,840 (本体価格 ¥23,000)

W0v3(ダブゼロブイスリー)サブウーファーは、ブラックを基調とした外観にホワイトのロゴをあしらった往年のJLデザインを採り入れ、低価格でありながらクラストップレベルの性能をもたらすエントリーモデル。 上位機種で採用されているJL Audio独自の技術DMA(Dynamic Motor Analysis)や特許技術エレベートフレーム・クーリングシステムを投入することで磁気回路を最適化すると共に低歪で高出力、連続駆動時でも優れた放熱効果を発揮する10インチ(25cm)SVCサブウーファーだ。
製品の詳細はコチラ⇒JL Audio 10W0v3-4

 

8位 グラウンドゼロ GZIW 165X-Ⅱ
標準小売価格(税込): ¥18,144 (本体価格 ¥16,800)

第6位のGZIW 250X-Ⅱのサイズ違いモデル。6.5インチで小型バスレフエンクロージャーに最適化された16.5cmサイズの小口径サブウーファーユニットだ。
製品の詳細はコチラ⇒Ground Zero GZIW 165X-Ⅱ

 

9位 ミューディメンション EL-S104
標準小売価格(税込): ¥10,800 (本体価格 ¥10,000)

ミューディメンションのEL-S104が今年は9位を獲得した。高剛性スチールバスケット、PPコーン、高可動性ロールラバーサラウンド、高耐熱性ボイスコイルフォーマー、空冷ポールピースなど徹底したリスニングから選び抜いた素材を採用し、小容量のエンクロージャーでもクラスを超えた耐久性と重低音再生を実現する10インチ(25cm)SVCサブウーファー。入門者の方にも楽しんでいただけるようにお手頃な価格設定ながら、ブラックを基調とした端正なフォルム、μ-Dimensionのロゴが刻まれた樹脂性ガスケットを装備するなど外観デザインも魅力のひとつ。
製品の詳細はコチラ⇒μ-Dimension EL-S104

 

10位 ミューディメンション EL-S124
標準小売価格(税込): ¥12,960 (本体価格 ¥12,000)

ミューディメンションの12インチ(30cm)SVCサブウーファーEL-S124は、9位のEL-S104とはサイズ違いの30cmモデル。非常にコストパフォーマンスに優れている。
製品の詳細はコチラ⇒μ-Dimension EL-S124

 

☜20.【CAOTY2018】サブウーファー3万円以上4万円未満部門
☜21.【CAOTY2018】サブウーファー4万円以上6万円未満部門
☜22.【CAOTY2018】サブウーファー6万円以上10万円未満部門
☜23.【CAOTY2018】サブウーファー10万円以上部門

☜CAOTY2018部門一覧

 

※2017年12月から2018年11月までの1年間に販売された売上総数順に製品を掲載していますが、価格の変更や販売終了となっている可能性もございます。予めご了承ください。

ACGマガジン2019-2020
MARINE AUDIO
SFM UTSUNOMIYA