Marketing and Innovation

【CAOTY2018】スピーカー10万円以上20万円未満部門

☜CAOTY2018部門一覧

各ブランド上級モデルが揃う【スピーカー10万円以上20万円未満部門】には、ロックフォード・フォズゲート、JLオーディオ、グラウンドゼロ、レインボウ、MTXオーディオ、ヴァイブ・オーディオ、フラックスなど、実に7ブランドから人気モデルがランクインしている。特にサウンドクオリティの高さで各方面で高い評価を得ているロックフォード・フォズゲートT3652-Sの人気の高さは留まるところを知らず、圧倒的な支持を受け今年もランキング1位を獲得した。他にもJLオーディオのC5やマリンモデル、フラックスのマエストロコンペティションシリーズ、グラウンドゼロのGZNC、そしてヴァイブ・オーディオのCVEN(シーヴェン)シリーズなどがランクインしている。どのモデルも個性的で魅力的なサウンドに定評があり、多くのファン層から絶大なる支持を受けているといえる。

 

 

1位 ロックフォード・フォズゲート T3652-S
標準小売価格(税込): ¥140,400 (本体価格 ¥130,000)

発売以来クラストップのセールスを記録しているT3652-Sが今年も第1位に輝いた。音楽ジャンルに関わらず聴く者を納得させるロックフォードスピーカーの新基準モデルとして、オートサウンド・グランプリ2011を受賞した”T3″。新素材LCPF(Liquid Crystal Polymer Fiber)を25mmサイズのツィーターと165mmサイズウーファーのダイヤフラムに採用、高出力時でも安定したコーン強度を維持することができ、ナチュラルな高音質再生で高い人気を誇る。
製品の詳細はコチラ⇒Rockford Fosgate T3652-S

 

 

2位 JLオーディオ C5-650
標準小売価格(税込): ¥118,800 (本体価格 ¥110,000)

DMA(Dynamic Motor Analysis)オプティマイズ・モーターシステム及び特許技術であるエレベーティッド・フレーム・クーリングシステムを搭載したアルミダイキャストフレームにドイツDr. Kurt Müller & CoのプレミアムPPコーン、Symmetricalロールスパイダー、25mmボイスコイル&大型フェライトマグネットなどをウーファー採用。また、ネオジウムマグネットを搭載した19mmピュアシルクドームツィーターは可聴域を超える高域特性を持ち、スムースレスポンスとすばらしいイメージング特性を実現するEvolution C5シリーズ16.5cm 2wayコンポーネントスピーカーシステムの大人気モデル。
製品の詳細はコチラ⇒JL Audio C5-650

 

 

3位 グラウンドゼロ GZNC 1650SQ
標準小売価格(税込): ¥181,440 (本体価格 ¥168,000)

GZNC 1650SQは、上級機種である“GZPCシリーズ”のテクノロジーや設計理念を忠実に受け継ぎ、ドイツ国内で本格的なハンドクラフトにより製造されるピュアコンポーネントスピーカー。16.5cmのミッドレンジには特殊コーティングを施した上質なペーパーコーンを採用し、GZPC譲りの強靭なアルミダイキャストフレーム、36mm口径のボイスコイルと大型フェライトマグネットによる強力な磁気回路を搭載。濃密かつ芳醇な、珠玉の中低域を奏でます。25mmのツィーターは丁寧なハンドコートが施された上質なシルクドームを採用。ハイグレードなピュアコンポーネントならではの、ナチュラルで伸びやかな高域を確約。
製品の詳細はコチラ⇒GZNC 1650SQ

 

4位 レインボウ GL-C6.2
標準小売価格(税込): ¥113,400 (本体価格 ¥105,000)

EISA(ヨーロピアン・イメージング&サウンド・アソシエーション)のアワード受賞歴もあるレインボウの2wayコンポーネントスピーカーGL-C6.2が今年も第4位にランクインした。ブラックペイントされた極薄のアルミ素材とペーパーファイバーを組み合わせた独自の2層コーンに、高剛性と低反響を極めた専用設計のアルミダイキャスト製バスケット、さらにコーンの正確な挙動を実現しつつ “追従性” や “制動力” を極めたダブルMサラウンドも採用。上質なハンドコーティングが施された26mmのシルクドームツィーターと、厳選された高級音響用パーツで構成されたバイアンプ対応型のパッシブネットワークを装備している。
製品の詳細はコチラ⇒rainbow GL-C6.2

 

 

5位 MTXオーディオ IP863
標準小売価格(税込): ¥149,040 (本体価格 ¥138,000)

2.5インチ(63mm)のミッドレンジと19mmツィーターをペアリングさせたSEE(サウンド・エンハンスメント・エンクロージャー)と、カーボン・グラスファイバーコーンを採用した16.5cmのミッドベーススピーカーをセットしたIP863が第5位にランクインした。カーボンファイバーコーン、ネオジウムマグネットを使用したミッドレンジと25mmシルクドームツィーターを採用しており強力な粘着テープを付属したアングルアジャスター付きの台座を装備したSEEは、ダッシュボードの両サイドやピラーなど、あらゆる場所にスムーズに取り付けすることができる。しかもユニットの上部に設置されるツィーターは、ミッドレンジの中央を支点に最大270度の角度まで回転させることができ、目前に広がる広大なステージや理想的な音場をよりスマートに確立することができる3wayコンポーネントスピーカーシステムだ。
製品の詳細はコチラ⇒MTX Audio IP863

 

6位 ヴァイブ・オーディオ CVEN62C-V4
標準小売価格(税込): ¥108,800 (本体価格 ¥110,000)

今年CVEN62C-V4は、EISA(ヨーロピアン・イメージング&サウンド・アソシエーション)のベストプロダクト2017-2018を受賞した。ワイドな周波数帯域を有する22mm径のシルクドームツィーターと、振動板に軽量・高反発を極めたコンポジットペーパーコーンを採用した165mm径のミッドベーススピーカー、そしてドイツMundorf社のMCap®コンデンサを組み合わせたヴァイブ・オーディオのハイエンド2wayコンポーネントスピーカーだ。
製品の詳細はコチラ⇒CVEN62C-V4

 

7位 JLオーディオ C5-653
標準小売価格(税込): ¥174,960 (本体価格 ¥162,000)

第2位のC5-650と同じシリーズの3wayモデルである、C5-653はDMA(Dynamic Motor Analysis)オプティマイズ・モーターシステム及び特許技術であるエレベーティッド・フレーム・クーリングシステムを搭載したアルミダイキャストフレームにドイツDr. Kurt Müller & CoのプレミアムPPコーン、Symmetricalロールスパイダー、25mmボイスコイル&大型フェライトマグネットなどをウーファー採用。また、ネオジウムマグネットを搭載した19mmピュアシルクドームツィーターは可聴域を超える高域特性を持ち、スムースレスポンスとすばらしいイメージング特性を実現するEvolution C5シリーズ16.5cmウーファー部、 そして新しく開発された100mmサイズミッドレンジとの絶妙なマッチングにより、実にリアルな質感を再現することができる3wayコンポーネントスピーカーシステムの大人気モデル。
製品の詳細はコチラ⇒JL Audio C5-653

 

8位 JLオーディオ M770-CCX-SG-WH・TB
標準小売価格(税込): ¥108,000 (本体価格 ¥100,000)

マリーン仕様の19.6cm 2wayコアキシャルスピーカーM770-CCX-SG-WH・TBが第8位を獲得した。ボートやクルーザーをはじめ、クルマにインストールすればJL Audioが誇る高音質再生はもちろんのこと、
高いドレスアップ効果が得られる。ツィーター、ウーファー共にスポーティな外観がクールなスポーツグリルを標準装備。ウーファー部のスポーツグリルにはロゴバッジ3種を付属しており、お好みのカラーを選択することができる。
製品の詳細はコチラ⇒M770-CCX-SG-WH/M770-CCX-SG-TB

 

9位 JLオーディオ M650-CCX-SG-WH
標準小売価格(税込): ¥108,000 (本体価格 ¥100,000)

マリーン仕様の16.5cm 2wayコアキシャルスピーカーM650-CCX-SG-WHは、ボートやクルーザーをはじめ、クルマにインストールすればJL Audioが誇る高音質再生はもちろんのこと、高いドレスアップ効果が得られる。ツィーター、ウーファー共にスポーティな外観がクールなスポーツグリルを標準装備。ウーファー部のスポーツグリルにはロゴバッジ3種を付属しており、お好みのカラーを選択することができる。
製品の詳細はコチラ⇒M650-CCX-SG-WH

 

10位 フラックス MC361
標準小売価格(税込): ¥192,240 (本体価格 ¥178,000)

上級モデルのマエストロコンペティション同様の3層コーンを採用するミッドレンジスピーカーと、ハンドコート仕様の25㎜シルクドームツィーターをコンビネーション。FLUXのミドルハイクラスに位置するモデルがマエストロシリーズだ。3wayコンポーネントスピーカー「MC361」のパッシブネットワークは、接点にこだわりの銀ハンダを採用。ツィーターとミッドレンジ双方のレベル設定が可能で、よりきめ細やかなセッティングを施すことができ、他のシリーズ同様ユニット単体(ペア)のラインナップもあるので、マルチシステムへの発展も非常にスムーズ。プライス以上の音色や質感を実感できる、コストパフォーマンス性の高い優良モデルだ。
製品の詳細はコチラ⇒FLUX MC361

 

 

☜1.【CAOTY2018】スピーカー2万円未満部門
☜2.【CAOTY2018】スピーカー2万円以上3万円未満部門
☜3.【CAOTY2018】スピーカー3万円以上4万円未満部門
☜4.【CAOTY2018】スピーカー4万円以上6万円未満部門
☜5.【CAOTY2018】スピーカー6万円以上10万円未満部門
☜7.【CAOTY2018】スピーカー20万円以上部門
☜8.【CAOTY2018】ツィーターユニット部門
☜9.【CAOTY2018】ミッドレンジユニット部門

☜CAOTY2018部門一覧

※2017年12月から2018年11月までの1年間に販売された売上総数順に製品を掲載していますが、価格の変更や販売終了となっている可能性もございます。予めご了承ください。

ACGマガジン2019-2020
MARINE AUDIO
SFM UTSUNOMIYA