Marketing and Innovation

【CAOTY2018】スピーカー3万円以上4万円未満部門

☜CAOTY2018部門一覧

【スピーカー3万円以上4万円未満部門】には、ロックフォード・フォズゲート、グラウンドゼロ、MTXオーディオ、JLオーディオ、など、実に4ブランドから人気モデルがランクインした。中でも不動の人気を誇るロックフォード・フォズゲートP1675-Sが7年連続でランキング1位を奪取するなど、長きに渡り、サウンドクオリティの高さやデザイン、価格ともに多くのユーザーから圧倒的な支持を得ていることが改めて証明された。

 

1位 ロックフォード・フォズゲート P1675-S
標準小売価格(税込): ¥35,640 (本体価格 ¥33,000)

7年連続でランキング1位に輝いたのはPUNCHシリーズ16.5cm 2wayセパレートスピーカーP1675-S。従来製品と比べ25%もコーン有効面積を増加させることに成功したVAST(Vertical Attach Surround Technique)サラウンドテクノロジーを採用。 また、ミッドレンジスピーカー内部にパッシブクロスオーバーを隠す技術ICC (Integrated Concealed Crossover)の採用により、シンプルかつ簡単にインストールすることができ、取付時間の短縮を目指している。
製品の詳細はコチラ⇒Rockford Fosgate P1675-S

 

 

2位 グラウンドゼロ GZIC 650FX
標準小売価格(税込): ¥30,240 (本体価格 ¥28,000)

2017年に発売したグラウンドゼロの16.5cm薄型2wayセパレート機 GZIC 650FX が、他の人気モデルを抑え今年も第2位をキープした。ウーファーの奥行きは、わずか44mmという極薄設計により、ドア内側の奥行きスペースが厳しいクルマにも取り付けすることができる。今後はさらに人気が高まることが予想される。
製品の詳細はコチラ⇒Ground Zero GZIC 650FX

 

 

3位 JLオーディオ C1-650
標準小売価格(税込): ¥32,400 (本体価格 ¥30,000)

2017年に発売したJLオーディオのニューモデル「C1-650」が、今年もセールスを伸ばし3位にランクインした。独自のモデリングシステム DMA(ダイナミック・モーター・アナリシス)により構造を最適化された磁気回路を搭載。鮮やかなイエローのポリプロピレンコーンとスタンプキャストフレームを採用しており、低歪みで上質な中低域再生を実現する。市販の17cm対応インナーバッフルボードにも対応しているので、純正スピーカーからのアップグレードに最適なエントリーモデルとして今後益々人気が高まりそうだ。
製品の詳細はコチラ⇒JL Audio C1-650

 

4位 ロックフォード・フォズゲート P152-S
標準小売価格(税込): ¥34,560 (本体価格 ¥32,000)

多くのクルマに取り付けを可能にするフレックスフィットバスケットを採用した高剛性スチールバスケット、振動板には耐久性の高いPP( ポリプロピレン)コーンを採用。ツィーターは、強力なネオジウムマグネットを搭載した25mmサイズのPEI(Plated Polyether Imide)ドーム型で、フラッシュとサーフェスの2種類のマウントアダプターを付属。ナチュラルサウンドを実現するPUNCHシリーズ13cm 2wayセパレートスピーカー。
製品の詳細はコチラ⇒Rockford Fosgate P152-S

 

5位 ロックフォード・フォズゲート T1693
標準小売価格(税込): ¥35,640 (本体価格 ¥33,000)

ツィーターは25mm口径のアルミニウムドーム型で、13mm口径のスーパーツィーターとポリウレタンサスペンションが備えられ、強力なネオジウムマグネットを搭載した磁気回路により忠実度の高い高域再生を実現。ウーファーは、高剛性化と軽量化を両立するPP(ポリプロピレン)とカーボンファイバーのハイブリッド振動板を採用したPOWERシリーズ6×9インチ3wayコアキシャルスピーカー。
製品の詳細はコチラ⇒Rockford Fosgate T1693

 

6位 グラウンドゼロ GZRC 130AL-IV
標準小売価格(税込): ¥39,960 (本体価格 ¥37,000)

2017年に発売したグラウンドゼロの13cm 2wayセパレート機 GZRC 130AL-IV が、昨年より3ランクアップの6位にランクインした。精密な再生能力を持つアルミニウムコーンのウーファー、チタニウムドームツイーター、4chアンプを使用したバイアンプ接続を前提とした高低域別体のパッシブクロスオーバーで構成。公称インピーダンス3Ωのスピーカーユニットにより、高効率でダイナミックなサウンドを実現する。また、砲弾型のスラントツィーターハウジング装備でインストール性も高い。
製品の詳細はコチラ⇒Ground Zero GZRC 130AL-IV

 

7位 JLオーディオ C2-650x
標準小売価格(税込): ¥38,880 (本体価格 ¥36,000)

ウーファーに高剛性スチールバスケットと耐久性の高いPPコーンを採用。ツィーターは強力なネオジウムマグネットを搭載した19mmシルクドームを採用。柔らかくフラットに伸びる高域で、すばらしいイメージング特性を実現する。市販の17cm対応インナーバッフルボードにも適合し、純正からのアップグレードにも最適な16.5cm 2wayコアキシャルスピーカー。
製品の詳細はコチラ⇒JL Audio C2-650x

 

8位 MTXオーディオ T6S652
標準小売価格(税込): ¥32,400 (本体価格 ¥30,000)

アルミ削り出しフェイズプラグを備えたウーファーは、高剛性スチールバスケットとカーボングラスファイバーコーン、磁気回路にフェライトマグネットを搭載して高いパワーハンドリングと高いパフォーマンスを実現。ツィーターは、強力なネオジウムマグネットを備えた25mm口径のシルクドーム型で、取り付け後の角度調整を可能にするアイボール(スイベル)スタイルのフラッシュ、サーフェス、アングル3種類マウントアダプターを付属している。
製品の詳細はコチラ⇒MTX Audio T6S652

 

9位 JLオーディオ C2-400x
標準小売価格(税込): ¥30,240 (本体価格 ¥28,000)

ウーファーに高剛性スチールバスケットと耐久性の高いPPコーンを採用。ツィーターは強力なネオジウムマグネットを搭載した19mmシルクドームを採用。柔らかくフラットに伸びる高域で、すばらしいイメージング特性を実現する。C2-400Xには、マルチOEMアダプタープレートを付属しており、4×6インチ (10cm×15cm)サイズに変換することもできる。
製品の詳細はコチラ⇒JL Audio C2-400x

 

10位 JLオーディオ C2-600x
標準小売価格(税込): ¥38,880 (本体価格 ¥36,000)

ウーファーに高剛性スチールバスケットと耐久性の高いPPコーンを採用。ツィーターは強力なネオジウムマグネットを搭載した19mmシルクドームを採用。柔らかくフラットに伸びる高域で、すばらしいイメージング特性を実現する。
製品の詳細はコチラ⇒JL Audio C2-600x

 

☜1.【CAOTY2018】スピーカー2万円未満部門
☜2.【CAOTY2018】スピーカー2万円以上3万円未満部門
☜4.【CAOTY2018】スピーカー4万円以上6万円未満部門
☜5.【CAOTY2018】スピーカー6万円以上10万円未満部門
☜6.【CAOTY2018】スピーカー10万円以上20万円未満部門
☜7.【CAOTY2018】スピーカー20万円以上部門
☜8.【CAOTY2018】ツィーターユニット部門
☜9.【CAOTY2018】ミッドレンジユニット部門

☜CAOTY2018部門一覧

※2017年12月から2018年11月までの1年間に販売された売上総数順に製品を掲載していますが、価格の変更や販売終了となっている可能性もございます。予めご了承ください。

ACGマガジン2019-2020
MARINE AUDIO
SFM UTSUNOMIYA