オーディオの感動を伝えたい!オーディオの楽しみ方を提案する会社です!

【CAOTY2018】スピーカー6万円以上10万円未満部門

☜CAOTY2018部門一覧

ミドルクラスの2wayから3wayまで幅広い優秀機が混在する【スピーカー6万円以上10万円未満部門】。ロックフォード・フォズゲート、グラウンドゼロ、JLオーディオ、MTXオーディオ、フラックス、ヴァイブオーディオから高いパフォーマンスで魅力的なサウンドを奏でる個性派が揃った。どのモデルも音質面で定評があり、人気の高いものばかりだ。

 

 

1位 ロックフォード・フォズゲート T1675-S
標準小売価格(税込): ¥62,640 (本体価格 ¥58,000)

今年も、ダントツの第1位を獲得したT1675-S。従来製品に比べ25%もコーン有効面積を増加させることに成功したVAST(Vertical Attach Surround Technique)サラウンドテクノロジー採用。25mmサイズのファブリックドームツィーター、カーボンファイバー配合PPコーン、バイアンプ対応パッシブクロスオーバーネットワーク採用により上質でナチュラルなサウンドを奏でる大人気のPOWERシリーズ2wayコンポーネントスピーカー。
製品の詳細はコチラ⇒Rockford Fosgate T1675-S

 

 

2位 ロックフォード・フォズゲート T2652-S
標準小売価格(税込): ¥81,000 (本体価格 ¥75,000)

2wayセパレート機の中で圧倒的な人気を誇るPOWERシリーズT2652-S。従来製品と比べ25%もコーン有効面積を増加させることに成功したVAST(Vertical Attach Surround Technique)サラウンドテクノロジー採用。25mmサイズのアルミドームツィーター、カーボンファイバー配合PPコーン、アルミ削り出しフェイズプラグ、バイアンプ対応パッシブクロスオーバーネットワークの採用など、そのドライブ力の高さと正確さ、サウンドクオリティの高さが特徴のPOWERシリーズ”T2″ 16.5cm2wayコンポーネントスピーカー。
製品の詳細はコチラ⇒Rockford Fosgate T2652-S

 

 

3位 グラウンドゼロ GZUC 650SQX
標準小売価格(税込): ¥71,280 (本体価格 ¥66,000)

今年も安定の第3位をキープしたGZUC 650SQX。特長的なWFWC®コーンは前モデルから継承しつつ、ラバーエッジには新開発のLDW®(Low Distortion Wave)サラウンドを採用。背圧の抜けや放熱性を極めた新開発のアルミダイキャストフレームや高級感漂うプッシュ式のスピーカーターミナルの採用など、まさしくGZUCシリーズの “スペシャリティバージョン” とも言える2wayコンポーネントスピーカーがGZUC 650SQXだ。
製品の詳細はコチラ⇒Ground Zero GZUC 650SQX

 

4位 JLオーディオ C3-650
標準小売価格(税込): ¥96,120 (本体価格 ¥89,000)

DMA(Dynamic Motor Analysis)オプティマイズ・モーターシステム及び特許技術であるエレベーティッド・フレーム・クーリングシステムを搭載した重合体フレームにPPコーン、31mmボイスコイル&大型フェライトマグネットなどを採用することにより優れた低域レスポンスを実現するウーファーユニット。ネオジウムマグネットを搭載した25mmシルクドームツィーターは可聴域を超える高域特性を持ち、スムースレスポンスとすばらしいイメージング特性を実現。 ツィーター取付用にフラッシュマウント、サーフェスマウントをはじめ、コアキシャルマウント用アダプターを標準装備しており、同軸マウントも可能。
製品の詳細はコチラ⇒JL Audio C3-650

 

5位 MTXオーディオ IP663
標準小売価格(税込): ¥81,000 (本体価格 ¥75,000)

2.5インチ(63mm)のミッドレンジと19mmツィーターをペアリングさせたSEE(サウンド・エンハンスメント・エンクロージャー)と、カーボン・グラスファイバーコーンを採用した16.5cmのミッドベーススピーカーをセットしたIP663が第5位にランクインした。強力な粘着テープを付属したアングルアジャスター付きの台座を装備したSEEは、ダッシュボードの両サイドやピラーなど、あらゆる場所にスムーズに取り付けすることができる。しかもユニットの上部に設置されるツィーターは、ミッドレンジの中央を支点に最大270度の角度まで回転させることができ、目前に広がる広大なステージや理想的な音場をよりスマートに確立することができる3wayコンポーネントスピーカーシステムだ。
製品の詳細はコチラ⇒MTX Audio IP663

 

 

6位 ロックフォード・フォズゲート PM2652/PM2652B
標準小売価格(税込): ¥69,660 (本体価格 ¥64,500)

マリーングレードスピーカーPM2652(16.5cm)は、湿気や振動、そして腐食に対する優れた耐久性を備えており、UVコート射出成形プラスチックパーツや腐食防止のステンレスグリルなどを採用し、徹底した防水・防錆処理を施している。。-12dB/oct仕様の2ウェイクロスオーバーは密閉式ケース内に収め、ウーファーバスケット裏にマウントするなど徹底した塩害対策が施されていて ボートはもちろんのこと、クルマへの取り付けにも最適な2wayコアキシャルスピーカーだ。
製品の詳細はコチラ⇒Rockford Fosgate PM2652/PM2652B

 

 

7位 ロックフォード・フォズゲート T252-S
標準小売価格(税込): ¥72,360 (本体価格 ¥67,000)

従来製品と比べ25%もコーン有効面積を増加させることに成功したVAST(Vertical Attach Surround Technique)サラウンドテクノロジー採用。25mmサイズのアルミドームツィーター、カーボンファイバー配合PPコーン、バイアンプ対応パッシブクロスオーバーネットワーク採用により上質でナチュラルなサウンドを奏でるPOWERシリーズ13cm 2wayコンポーネントスピーカー。 また、切削加工されたアルミフェイズプラグを装備することで、振動板からの音波の乱れや位相を整合すると同時にボイスコイルの放熱性を高めている。
製品の詳細はコチラ⇒Rockford Fosgate T252-S

 

 

8位 フラックス SC261
標準小売価格(税込): ¥61,020 (本体価格 ¥56,500)

ドイツのHi-FiブランドFLUXのSPIRITシリーズ16.5cm 2wayセパレートスピーカーSC261が8位にランクイン。スチールバスケットに特殊コーティング処理が施されたペーパーコーンとアルミ切削加工のフェイズプラグを備えたウーファー、25mmサイズのシルクドームツィーター、2wayパッシブクロスオーバーにより、質の高いナチュラルサウンドを実現する。将来的に7.6cmサイズのミッドレンジ(スコーカー)M80S(¥27,540/ペア)を加えることで3wayシステムに発展できるのも人気の理由だ。
製品の詳細はコチラ⇒FLUX SC261

 

9位 ロックフォード・フォズゲート PM282/PM282B/PM282X
標準小売価格(税込): ¥72,360 (本体価格 ¥67,000)

マリーングレードスピーカーPM282(20cm)は、湿気や振動、そして腐食に対する優れた耐久性を備えており、UVコート射出成形プラスチックパーツや腐食防止のステンレスグリルなどを採用し、徹底した防水・防錆処理を施している。。-12dB/oct仕様の2ウェイクロスオーバーは密閉式ケース内に収め、ウーファーバスケット裏にマウントするなど徹底した塩害対策が施されていて ボートはもちろんのこと、クルマへの取り付けにも最適な2wayコアキシャルスピーカーだ。
製品の詳細はコチラ⇒Rockford Fosgate PM282/PM282B/PM282X

 

10位 ヴァイブオーディオ BLACKAIR63C-V6B
標準小売価格(税込): ¥64,800 (本体価格 ¥60,000)

軽量・高剛性なアルミダイキャスト製フレームに高反発なグラスファイバー製コーンを採用する16.5cmのウーファーと、28mmのドームツィーターを同軸マウントした68mmの小口径コアキシャルスピーカーを採用し、”2ウェイモデル並みのイージーインストール”を可能とした3ウェイスピーカーシステムBLACKAIR63C-V6Bが10位にランクインした。
製品の詳細はコチラ⇒VIBE Audio BLACKAIR63C-V6B

 

☜1.【CAOTY2018】スピーカー2万円未満部門
☜2.【CAOTY2018】スピーカー2万円以上3万円未満部門
☜3.【CAOTY2018】スピーカー3万円以上4万円未満部門
☜4.【CAOTY2018】スピーカー4万円以上6万円未満部門
☜6.【CAOTY2018】スピーカー10万円以上20万円未満部門
☜7.【CAOTY2018】スピーカー20万円以上部門
☜8.【CAOTY2018】ツィーターユニット部門
☜9.【CAOTY2018】ミッドレンジユニット部門

☜CAOTY2018部門一覧

 

※2017年12月から2018年11月までの1年間に販売された売上総数順に製品を掲載していますが、価格の変更や販売終了となっている可能性もございます。予めご了承ください。

ACGマガジン2019-2020
MARINE AUDIO
SFM UTSUNOMIYA