オーディオの感動を伝えたい!オーディオの楽しみ方を提案する会社です!

【CAOTY2018】スピーカー4万円以上6万円未満部門

☜CAOTY2017部門一覧

上級シリーズで培われた技術を受け継ぎ、サウンドパフォーマンスの高いミドルクラスが揃う【スピーカー4万円以上6万円未満部門】。サウンドクオリティとコストパフォーマンスを両立させた秀逸なモデルが多く、パッシブクロスオーバーが別体となった本格的な2wayセパレートスピーカーをはじめ、ツィーターとミッドレンジをペアリングさせたSEEというユニークなエンクロージャーを備えたMTXのイメージプロシリーズなどの人気モデルが揃う当部門。MTX、グラウンドゼロ、JLオーディオ、ロックフォード・フォズゲート、ヴァイブ・オーディオなど、実に5ブランドから人気モデルがランクインしている。

 

 

1位 グラウンドゼロ GZRC 165AL-IV
標準小売価格(税込): ¥41,040 (本体価格 ¥38,000)

2017年に発売したグランドゼロのGZRC 165AL-IVが、昨年の2位に始まり好調に売上を伸ばしついに第1位の座を獲得した。精密な再生能力を持つアルミニウムコーンのウーファー、チタニウムドームツイーター、4chアンプを使用したバイアンプ接続を前提とした高低域別体のパッシブクロスオーバーで構成。公称インピーダンス3Ωのスピーカーユニットにより、高効率でダイナミックなサウンドを実現する。また、砲弾型のスラントツイーターハウジング装備でインストール性も高い。
製品の詳細はコチラ⇒Ground Zero GZRC 165AL-IV

 

 

2位 JLオーディオ C2-650
標準小売価格(税込): ¥48,600 (本体価格 ¥45,000)

ネオジウムマグネットを搭載した19mmシルクドームツィーターは柔らかくフラットに伸びる高域で、すばらしいイメージング特性を実現。ウーファーコーンの素材には、PP(ポリプロピレン)マイカを採用し、艶のあるボーカル音が魅力の16.5cm 2ウェイコンポーネントスピーカー。
製品の詳細はコチラ⇒JL Audio C2-650

 

 

3位 MTXオーディオ IP432
標準小売価格(税込): ¥41,040 (本体価格 ¥38,000)

MTXのIMAGE PROは、2.5インチ(63mm)のミッドレンジと19mmツィーターをペアリングさせたSEE(サウンド・エンハンスメント・エンクロージャー)という、たいへんユニークな構造を持った画期的なスピーカーシステムである。中でもIP432はダッシュボード上など本機に設置するとともに純正ドアスピーカーを利用して手軽に3ウェイシステムを完成させることができる、いわばチューンナップ・ミッドレンジ&ツィーターである。純正のこもった音を一気に解消できる、まったく新しいスピーカーシステムとして高い人気を誇る。
製品の詳細はコチラ⇒MTX Audio IP432

 

4位 グラウンドゼロ GZUC 650SQ-II
標準小売価格(税込): ¥55,080 (本体価格 ¥51,000)

グラウンドゼロのGZUC 650SQ-IIは、ウッドファイバーとグラスファイバーを組み合わせたWFWC™コーンは全モデルから継承され、改良を重ねた25mmのシルクドームツィーターや5段階のツィーターレベル調整機能を備えた高品位なパッシブクロスオーバーネットワークにより、上質なナチュラルサウンドにさらなる磨きをかけた。天然素材がもたらす暖かみのある自然な音色と質感、抜群のコストパフォーマンスを誇る魅惑の新作コンポーネントスピーカーだ。
製品の詳細はコチラ⇒Ground Zero GZUC 650SQ-II

 

5位 ロックフォード・フォズゲート T152-S
標準小売価格(税込): ¥54,000 (本体価格 ¥50,000)

従来製品と比べ25%もコーン有効面積を増加させることに成功したVAST(Vertical Attach Surround Technique)サラウンドテクノロジー採用。25mmサイズのファブリックドームツィーター、カーボンファイバー配合PPコーン、バイアンプ対応パッシブクロスオーバーネットワーク採用により上質でナチュラルなサウンドを奏でるPOWERシリーズ13cm2wayコンポーネントスピーカー。
製品の詳細はコチラ⇒Rockford Fosgate T152-S

 

6位 MTXオーディオ IP463
標準小売価格(税込): ¥59,400 (本体価格 ¥55,000)

MTXのIP463は、2.5インチ(63mm)のミッドレンジと19mmツィーターをペアリングさせたSEE(サウンド・エンハンスメント・エンクロージャー)と、16.5cmのミッドベーススピーカーをセット。強力な粘着テープを付属したアングルアジャスター付きの台座を装備したSEEは、ダッシュボードの両サイドやピラーなど、あらゆる場所に取り付けすることができる。しかもユニットの上部に設置されるツィーターは、ミッドレンジの中央を支点に最大270度の角度まで回転させることができ、目前に広がる広大なステージや理想的な音場をよりスマートに確立することができる逸品だ。
製品の詳細はコチラ⇒MTX Audio IP463

 

7位 ヴァイブ・オーディオ BLACKDEATH6C-V6
標準小売価格(税込): ¥41,040 (本体価格 ¥38,000)

軽量・高剛性なアルミダイキャスト製フレームに、新開発となるカーボンファイバー×ペーパーの2層式コーンを組み合わせた16.5cmのミッドレンジを採用し、レスポンスの鋭い重厚な中低域を実現。また、28mmの大型シルクドームツィーターが、澄み渡る鮮明な高域を再生する。最大入力も420Wと、ハイパフォーマンスなスペックも見逃せない優秀機だ。
製品の詳細はコチラ⇒VIBE Audio BLACKDEATH6C-V6

 

8位 JLオーディオ C2-600
標準小売価格(税込): ¥48,600 (本体価格 ¥45,000)

第2位にランクインしているC2-650よりもウーファーの口径が小さいC2-600は、より多くのクルマにフィットする16cm 2wayセパレートスピーカーだ。
製品の詳細はコチラ⇒JL Audio C2-600

 

9位 JLオーディオ C2-690tx
標準小売価格(税込): ¥41,040 (本体価格 ¥38,000)

第2位にランクインしているC2-650と同じシリーズのウーファーの口径が楕円形のC2-690txは、6×9インチ コアキシャル3wayスピーカーだ。
製品の詳細はコチラ⇒JL Audio C2-690tx

 

10位 ヴァイブ・オーディオ BLACKDEATHPRO12-V1
標準小売価格(税込): ¥42,120 (本体価格 ¥39,000)

30cmサイズの大口径ウーファーに高感度ホーンツィーターを装備したフルレンジ再生可能な2wayコアキシャルスピーカーBLACK DEATH PRO12-V1。ウーファーの振動板には感度の高いセミプレスペーパーコーンを採用し、デュアルロールクロスサラウンドと組み合わせる。大型フェライトマグネットを搭載した磁気回路は、アルミダイキャスト製ガスケットを装備した高剛性スチールバスケットに収め、強烈なサウンド再生を実現する。
製品の詳細はコチラ⇒VIBE Audio BLACKDEATHPRO12-V1

 

☜1.【CAOTY2018】スピーカー2万円未満部門
☜2.【CAOTY2018】スピーカー2万円以上3万円未満部門
☜3.【CAOTY2018】スピーカー3万円以上4万円未満部門
☜5.【CAOTY2018】スピーカー6万円以上10万円未満部門
☜6.【CAOTY2018】スピーカー10万円以上20万円未満部門
☜7.【CAOTY2018】スピーカー20万円以上部門
☜8.【CAOTY2018】ツィーターユニット部門
☜9.【CAOTY2018】ミッドレンジユニット部門

☜CAOTY2018部門一覧

 

※2017年12月から2018年11月までの1年間に販売された売上総数順に製品を掲載していますが、価格の変更や販売終了となっている可能性もございます。予めご了承ください。

ACGマガジン2019-2020
MARINE AUDIO
SFM UTSUNOMIYA